車中泊の最大のネックは段差(解消)だった・・・ - 車中泊専用マットなら熟睡できるって本当ですか?

車中泊の最大のネックは段差(解消)だった・・・

釣りシーズンを迎えてこれから
車中泊をする人が増えてきます。


釣行に早くから出かけて車中泊するお父さん。

旅費を少しでも節約しようと道の駅やサービスエリアを
利用しての車中泊をするご家族連れ。


趣味を楽しみながらも経費は最小に抑えたい・・
皆さん努力をしていらっしゃいますね。



でも・・・
車中泊をした人がもう二度としたくないと思うことが
あります。

それは、眠れないこと・・・
いくら経費を節約したところで、眠れなくては
翌日の疲れはたまったものではありませんね。

釣りや観光どころではありません。
それで、 「もう二度と車では寝ないぞっ!」  となるようです。


眠れない理由は、まわりの騒音、光、気温などの影響もありますが
一番多いのは、横になってもシートに段差があるために
熟睡ができないのです。

車はほとんどが「フルフラットシート」などと呼ばれる

背もたれシートを倒せばフラット(平面)にできる仕様と

なっています。でも、実際には凸凹がありますよね(^_^;)

荷物を置くには、多少の凸凹は気になりませんが、人が寝ると

なると話は別。


この多少の凸凹が大いに睡眠を妨げるのです。

無題.png

試しに貴方の寝ているベッドにタオルを何枚か下に敷いて
寝てみたら、理解できます。
なかには、そんなの全く気にならないという豪傑もいると
思いますが、一般的には段差が2cmあれば熟睡が出来ないと
言われているようです。
車中泊の最大のネックは段差だったのです。


この車のシートをフラット(平面)状態にしてもできる
凸凹をなんとか解消しようと、いろんなメーカーが
シートを発売しています。

ところが、シートの材質、厚みなどにより凸凹を解消しきれない
ものがほとんどだと言います。

とくに、自分の家にあった毛布や敷布団のようなものでは
体が直に触れないだけで凸凹はまったく吸収されず
歯が立たないようです。



現在のところ、この凸凹を100%解消とまでは行かないまでも
(段差解消にも程度があり10cm、20cmもあるような段差を
 解消するようなものは今のところないようです)
購入者のクレームが少なく、レビュー投稿数も多いものが

オンリースタイルから発売されている
車中泊専用マットです。

レビューを投稿すれば、価格の値引きに反映されるという
システムもあり投稿数は多いものと思いますが
それにしても、現在のところ、さまざまな車種にマッチして

しかも、好評を得ている最右翼の位置にいます。




車中泊の最大のネックは段差(解消)だった・・・
釣りにしても、旅行・観光にしても前夜にきちんと熟睡できているのが
基本ですから・・・

寝不足のままでは、釣りも観光もないですよね?
安眠・熟睡があればこそです。

貴方の趣味を応援してくれるグッズで車中泊を
考えておられる方にお勧めの逸品です。


車中泊なんて段差があって寝られないという方に
おススメです  ↓ ↓ ↓


>>>その日「いい観光」「いい釣り」ができるかは、車の中でいかに快適な睡眠がとれるかで決まります!



⇒ TOPページに戻る








.
車中泊専用マットでぐっすり熟睡カテゴリの最新記事
2016-05-08 02:41 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 車中泊専用マットなら熟睡できるって本当ですか? All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。